【無月経改善】ダイエット時に起こる生理不順について(女性は見るべき)

ダイエット dietmind

Hi 🙂
Jazzです!!

今回は、私が今抱えている問題と今後のフィットネスの大会における注意点に考えてみました。
大会を目指している方だけではなくダイエットをしている方も、無理が祟って生理が止まってしまう方って結構いるんちゃうかな~。はい、そして私もそのうちの一人です。
私は2018年から9か月間、生理が止まりました。

まず、きちんと過激な減量をせずに大会に臨み、健康的にキレイをキープし、フィットネスが楽しいものって分かってもらうために日々楽しんでトレーニングをされている女性トレーニーの方に多大なご迷惑をかけてしまって本当に申し訳なく思っています。
とんだ迷惑ですよね(/。\)私みたいなのがいるからいつまで経っても筋トレや大会の良さが伝わない。悔しい。だけど、失敗したからこそ分かったこともある。今後大会を目指したり筋トレして美ボディを手に入れたい方に、もう減量なんて嫌、と思ってほしくないし、ダイエットしたい女性のために、自分の症状を題材にして、文章下手やけどw、ダイエットするときに見失いがちな女性のしくみについて書いていくな!過度なダイエットなんてしなくても大会で優勝もできるので、慌てず、しっかりと自分の力で考えて、何が必要か何がいけないのかを見極めていきましょう(^_-)-☆

話だしたらたくさんありすぎるから今回は、トレーニングや過度なダイエットでの無月経を主に説明しますね*
男性のみなさんも、ぜひこれを読んで、もし、悩んでいる人がいたらこのブログの事教えてあげてくださいね♬むやみに女性にアドバイスをすることはこれから先、最後まで読むまで禁止な!笑
それくらい女性の身体は慎重に扱って!(;´Д`)人”

女性はメンタルがとてもとてもぐらつきやすい!

痩せたい、大会で勝ちたい、モデルみたいになりたい、彼を見返したい、職場の人を見返したい、そんな思いも強すぎると女性としてだけじゃなく人間として、機能しなくなり、後から取り返しのつかない事態を招いてしまうんですよね。
女の子の事は、男性には分かり得ない事がたくさん!これは女性なら分かってもらえるはず。生理に伴うイライラ、先が見えなくてやみくもに頑張ってしまう女性の生態や気持ちは、男性には絶対分からん。あかん。絶対はないな。でも、分かる人は非~~~~~~常に少ない、皆無に等しい。でも、それが普通。男女の脳はその構造自体が違うから。だけど思ってるより女性の気持ちのぐらつきは不安定なものなの(笑)

女性の身体は科学では証明されていない事がいっっっっぱい。だから科学的な事、栄養学的な事でも全部を信用してしまうのは相当怖い。私はそれで止まったから。だから、世の中に流通しているあらゆる常識ややり方に任せるんじゃなくって、あくまで話半分、それが自分の身体にとってあっているのか、常に自分の心に聞いてやっていく必要がある。お手本はお手本として参考しましょう。だけど、教科書には乗っていない自分の感覚や、お母さんとかおばあちゃんが言っていた昔の人の知恵とかが以外に役立つ。心理状態とかも含めて女性というのはほんま思っっってるより気持ちがぐらつきやすい。男性でも大会に出場されている方は減量末期になるとかなり精神的にもぐらつきます。

でも。

女性はそれ以上です。
ダイエットの一番の鍵はメンタルコントロールなので、メンタルが安定するようにコントロールするテクニックを身につけましょう^^ 男性のみなさんは、女性にどうしたら自分が支える事ができるのか聞いて、支えてあげるのも一つの手かもしれません。

何でこんなにひつこく言うのかというと、次から出てくる私が陥った視床下部性の無月経はメンタルの安定が非常に大切だからです。男性には、理解して、少し理不尽な時があるかもしれないけど支えてもらいたいし、女性には将来の自分のために、何よりも大切にしてもらいたいと思います。

どうでもいいけど、昔の人の知恵ってほんま馬鹿ならへんし、お母さんとかってえ?エスパーですか?( ̄▽ ̄;?)ってくらい凄い時ない?笑

生理が起こるしくみ

まず、私たち女性が生理が起こるしくみについて、ノートにまとめてみた☆

何か、専門用語いっぱいで分かりにくいねん!笑
って事で、私なりに解釈してみました*
図1

ちょっとは、どう?分かりやすくなったかな?理解できた方は下の文は飛ばして、次の章へいって大丈夫♬ここからはもっと知りたい人へ↓

まず、脳のある一部にホルモン出す司令塔(視床下部)があって、そこが、私たちの身体に子ども出来る準備するか(=゚ω゚)ノって言って指令を出す。そしたら身体が子どもができた時に育てるための部屋(卵子)寝かしつけておくベッド(卵巣)を2人のボスの元(FSH,LH)、卵胞ホルモンと黄体ホルモンっていう2つの必殺アイテムを使って作り出す。黄体ホルモンは聞いた事あるけど、卵胞ホルモンって?ってなります?じゃあ、これでどうかな、”エストロゲン”
そう、卵胞ホルモンはエストロゲン。こう聞くと大事そうやなって感じよね。
んで、続きなんだけど、ベッドよりも部屋のが先に出来てほしいやん?だから、この時期はエストロゲンの分泌の方が盛んになる。つまり、排卵期。これってすごくって、エストロゲンは別名美人ホルモンって言われたり、エロホルモンって言われてて、この時期エストロゲンの作用によって美肌になったり内臓脂肪減らしたりやる気を起こしたり匂い出す。そう、フェロモン出して男をおびき寄せるの(\\▽\\)
めっちゃかしこくない?!笑
で、無事にできたら、晴れて部屋が作られる(排卵)。そのあとは、いよいよ迎え赤ちゃん来た時に迎え入れるベッド作りに入る。そこで必要なのがもう1個のアイテム黄体ホルモン。これはプロゲステロンって言われてる。そして、別名ブスホルモン。。。(´;ω;`)ウゥゥ
何でかっていったら、こいつは肌荒れを起こしたり、イライラさせたり、やる気失わせたり、脂肪蓄えようとしたり、浮腫みを起こすから(´;ω;`)いわゆるPMSの症状とかはこの時期に多い。やめて~~~笑
でも、これ妊娠して子どもを育てるのにすんごく大切で。これが働かないと出来た部屋にベッド敷けない。だから、PMS来た時は、あー、今ベッド作ってるんか。せっかくやったらフッカフカの高級ベッドにしてな(♡▽♡)ってくらいに体に感謝してあげてほしいです。
9か月生理が来なかった私は、この症状が来た時、本当にうれしかった。生きるってこういう事やんなって思った。それくらい大切な事。
はい、で、このブスホルモンはフッカフカのベッドを作ってくれる。せっかくこしらえたフッカフカのベッドやから、私たちがフェロモンムンムンで、いっぱいの男性が寄ってきて取られたら困るから、排卵期に寄ってきた男性の中で優秀なのを選りすぐって選ばれしその彼のためだけに作ってるんかなって思う(/。\)←妄想
で、フッカフカのベッド作ってそれで、後は赤ちゃんが来るのかを待つ。でも、フッカフカのベッドは新鮮さが命やから、一定期間赤ちゃんが来なかったら、今回はもう終わり。閉店ガラガラ~って言ってベッドを片付けてしまう。で、また新しいベッドを一から作ることになる。古いベッドは捨てられる。これが生理。そして、うまくベッドがフッカフカの状態で赤ちゃん上手くきたら妊娠!て事。

深いよね~
ちなみに、生理って一か月って思ってる人が多い。私もそう思ってた。けど、これ間違いやねんて。まあ、ずっと周期が一か月の人だったら、そうなんだけど。もともと不定期や、周期が遅い人をいて。2か月こないは心配ないみたい。でも、さすがに3か月を越えてくるとまずいんだって。
ベッドを作るのとか、後片付けするスピードが速い人もいれば遅い人もいる。そんな感じかな。

やっかいな視床下部性の無月経

では、改めて。私は、9か月間無月経になりました。これは、女子ならあるあるよね~、で済まされないくらい重大な事。実際、今年は科学的な事を信じて実践プラス自分ができる範囲を考慮して食事面、ストレス面、体力面など、たくさんやってきましたが、2018年中には戻りませんでした。が、メンタルを整えたり、科学的な事に目を向けすぎずにやってきたら、何度かの薬の服用の力もあったけど、戻りました。これは、もう女性の身体の不思議というか、生命の可能性みたいな事かなって思います。だから、いまから説明するのは、西洋学的に、科学的に証明されていることだけど、鵜呑みにしないでください。全部が全部そうじゃない、自分は自分。って話半分で読んでください。女性の身体は本当に繊細なんですよ。

私が、陥った無月経の症状は視床下部性の無月経といって、課長クラスにめちゃくちゃやっかいなやつ。
これを、図にしてみました↓
図2

ゲーム機で例えるな(笑)
いや、でもこう例えているお医者さんのがいらっしゃって分かりやすかったので自分流にされにアレンジして笑

まず、正常な生理は、上の章にも書いてる通り全てがスムーズに行われること。ゲームでいうと、電源いれてからゲーム開始まで、すんなりできる。
次にGnRH(グングンイチェルルモン出す。って覚えてる笑)の異常。脳からダイレクトに送られる信号で、ゲームで言うゲーム機本体。これが原因な場合は、FSH,LHの信号が異常に高い値になる。なんでそんな状態なんかっていったら、本体が壊れているのに気付かずに、電源ボタンを押しまくって”何で電源付かへんねーん!!(;▲△▲))ノ!””””ってボタン連打するから高い値になるんやけど、だって本体壊れてて電源入らんよね( ̄▽ ̄)ってこと。

で、やっかいな視床下部性の無月経。これは、本体も電源ボタンも異常ないのに、そもそもゲームやる気が起こってない状態。・・・聞くとやばくない??そう、女性としての機能をあきらめにかかってるんと一緒。正確には、ゲームやれるほど暇じゃないというか。人間としての生命を脅かされてるのにゲームなんかやってる場合じゃない!っていうて、女性としての機能を止めて、先に人間として生きようとするんだって。
ね、本当に取り返しのつかない、というか、自分の身体にごめんって思うよね。

図3

これに陥る原因は、大きくはこの2つかなって思う。

・ストレス

・体脂肪の急激な減少

この他にも、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、過激なスポーツ、過度なダイエットetc…どれも大きくくくった中に入るかなって感じ。

多くの働く女性、キレイになりたい女性がいかにも引っかかる項目(;´∀`)でも、その時は気付かないんだよね。とにかく勝ちたい、とにかく痩せたいって思うもん。逆にPMSで精神的にも肉体的にも滅入ってるときに、めっちゃ食べるね!とか、減量する気ある?って言われたり、なんやったらむしろPMSに気づかずに何で大会がすぐ迫ってるのに、何でこんなに食べるんよ!!何で欲を抑えられやんのやろう!!!!><って攻めてしまう。

もうこうなってからだと、少し休んだら?心配してかけてくれたその言葉にさえもイッラーーーー!!!!!!ってきてどうにも手に負えなくなるから、そうなる前にキチンと気付いて早い段階で対処してあげるのがカギ。
大会とか、

体脂肪減らしたもん勝ち選手権じゃないから!😂

で、これの治療法を次の章でとりあえず、書いていきます。

無月経の治療法

視床下部性の無月経に何よりも必要なものは心も体も元気にしてあげる事。
つまり、上の章でやった原因を解決しないといつまで経っても治りません。

そして、大会に出場する選手やダイエットを頑張りすぎて無月経になった方は、おそらく漢方を使ったり、温かい物を食べる、良質な脂を取る。脂肪分を抜きすぎない。炭水化物も適量摂る。ストレスを少なくする。そんなことでは戻らないんじゃないかなって思う。体脂肪が戻れば戻ることが多いみたいだけど、8か月以上生理が止まると不妊のリスクが80%まで上がるんだとか。だから、出来るだけ自然に戻したい!って気持ちでやってきたけど、なるだけ早く身体に生理がくる、女性として機能させることを思い出してもらう必要がある。ただ我慢というか生理止めまくってもうリミット無いなら早めにお医者へGo!するべき。私も薬を使うのが本当に気が引けて漢方とか食べ物とかでやってきたけどそんな事言ってる場合じゃないって思って病院に薬をもらう事にしたの。

もちろん、食べ物とか生活習慣改善とかもうまく併用して、やる方がいいとおもう。

視床下部性の治療薬には2パターンあって、1つは黄体ホルモンにだけ効く薬。これで生理が無事これば本当ラッキー。さっきの説明のお部屋はできてるから、ベッド作りだけ再開させるだけで生理がくるパターン。第一度無月経っていうもの。

私が使ったのはこれ↓

ルトラール。
これは1日に2回の服用で、黄体ホルモンに効く薬。
注意点は飲み忘れる事!!!

はい、危うくな時あったあった(笑)
でも、ちゃんと飲んだよ!でも、これでは私は来なかった。
そして、これは私は副作用がすんごかったわ(-_-;)ホルモン剤自体が初めてだったからかもしれないけど、浮腫みはもう酷い、気怠い、ずっと眠い、やる気喪失、自信喪失、食欲が抑えられない、変なところでイライラ。
合わなかったんだろうね。

で、その次に2つめの治療薬で、黄体ホルモンだけのが効かないと次はエストロゲンにも作用する薬を投与。ベッドだけじゃなくて部屋作りの工程からまたやってもらえるようにお願いしないといけない感じ。こうなると第二度無月経って言ってめっちゃややこしい。戻ってきてもまたすぐに止まりやすかったりするし、早く治さないと不妊になりやすかったり。

で、私が使ったのはこれ↓

ルテジオン。
これは1日1回の服用。私は仕事との関係と飲み忘れ防止のために夜1回の服用にしたよ。
お医者さんもそれでいいって言ってたから、同じような空き時間の感覚で1日1回服用するのが大切なんだと思う。

注意点はこれも飲み忘れだけど、さっきのよりも緩くって、飲み忘れに気づいたらその時点て服用してくださいってお医者さん言われた。こっちは、私は副作用が少なかったかな。多少食欲が抑えられなかったり、浮腫みもでたけど、ルトラール程ではなかったかな。倦怠感とかは一切なかったし*

図にすると、

こんな感じ。

で、この服用で、

9ヶ月ぶりに生理がきたーーーーーーーー!!!!😭♡!!!!!

おかえり、私の生理。。。😭♡
今まで粗末に扱ってきてごめんなさい😭

まあ、量は少なめで、日数も4日ほどだったけど、体が反応してくれたから、、、
まだ、私、治せる。って思った。

そして、原因が分かった。

そう、今回の薬は第二度無月経に効く・・・・

つまり、私の場合、原因は”エストロゲンの不足によるもの”

冒頭でも言った通りエストロゲンは美人ホルモン。それが足りないなんて・・・もう少し病院に行くのが遅かったら。一般的によしとされているダイエット方法、栄養学に基づいたやり方で減量していたら、、、きっと・・・

って思った。し、そもそも健康的になりたい、痩せてキレイになりたい、その姿を大会で披露して勝ちたい。そういう目的で始めたトレーニングなのにいつの間にか、大会に勝つために必死になったり、体脂肪を落とすのに必死になって、最初の動機だったりモチベーションが忘れては元も子もないよね。

人それぞれ体の反応だったり、耐性も違う。今回も調べれば調べるほど、しっかりした文献に”女性の身体は複雑で”とか”まだ科学的な証明がされていない”とかの文字がいーーーーっぱい書いてあった。それくらい女性の身体は繊細で神秘的なものだし、教科書通りにいくようなロボットじゃないって実感しました。これを見て分かる分かる体感って大切って思うのはきっと女性のはず。だって男性にはこの気持ちはわからないと思うから(笑)
それでも、書いたのは、私みたいに馬鹿の一つ覚えじゃなく、教科書を参考に”柔軟に自分の身体と心に聞いてダイエットや大会に臨んでほしいなって思ったからです。フィットネスの大会について言うと、大会に勝つには、体脂肪を絞れば勝てるのでしょうか?優勝出来るのでしょうか?答えなNOです。
ポージングの完成度や、日頃の頑張り、努力面、全て含めてです。実際、に私は2018年は体脂肪率を図らずに当日だけ測りましたが、夏以降は体脂肪率16~17%でした。でもそうみえないですよね?それは、他での努力をしてきたからです。ダイエットは常に健康的でいる事。キレイなモデルの方は1年や2年そこらであの身体だと思いますか?彼女たちはモデルとして活躍するために何年も何年もかけてあの美貌をキープしています。そこに追い付くには1年や2年無理しても中身がスカスカの見せかけにすぎません。
これからは、きちんと健康になるようにしっかりと自分と向き合いたいJazzです。

すみません、少し熱が入りすぎたので、今後のフィットネス大会出場における注意点はまたの機会にかかせてください(笑)
最後に、これからやろうと思う治療を下にざっと書いておきます。
あ、ちなみに、今回は体脂肪減少について書いたけど、体脂肪が増えすぎても生理とまります。。

え(゚Д゚;)?
何でか・・・

体脂肪が増えすぎてもエストロゲン(美人ホルモン)が減るからーーーーーー!!!!

女性の身体って本当不思議。減りすぎても増えすぎてもダメなんです。
つまり、ガリもデブもダメ!!気を付けましょう。
なんでもバランス、8割2割です。程よく健康に!!

少しでも、いいね!と思ったらぜひ、シェアしてください^^
聞きたいこと、質問、アドバイスはしたのコメントにどうぞ♬

あ、YouTubeもやってます#Jazzlog で検索してぜひ遊びに来てください*

では、今日はこの辺で!(゚∀゚)
少しでも、誰かの役に立ったらうれしいです。

・薬の服用(定期的に来れば辞める)
・整体
・漢方
・睡眠
・食事改革(質の良い物を必要量食べる)
・体を冷やさない
・瞑想、ピラティスなどで呼吸を整える
・ドキドキ、わくわくすることを増やす!
 ↑結構重要

もう一度、言いますが、視床下部性の無月経の場合、心と体を健康にすること!!
これが重要になります。外身だけ、絞りに絞ったって一度失敗した方やたくさんのナイスボディ(心身共に)を見てきた審査員には、スケスケに見えてます。
何より、将来のご自身のためにならないので、本当に筋トレが好きならこの大切な部分も念頭におくべきです。

楽しく、wellness life!! (≧▽≦)*

では!

Jazz

コメント

タイトルとURLをコピーしました